概要

 鎌倉時代、道元禅師がお釈迦さまの教えを中国から日本に伝え瑩山禅師が全国に広められ曹洞宗の礎を築かれました。

 

 このお二方を両祖と申し上げご本尊お釈迦さま(釈迦牟尼仏)とともに一仏両祖(いちぶつりょうそ)として仰ぎます

 

曹洞宗は「そうとうしゅう」と読みます。

しばしば、「そうどうしゅう」と読まれますが、これは誤りです。