曹洞宗には、大本山が2つあります。ひとつは福井県にある大本山永平寺(だいほんざん えいへいじ)であり、もうひとつは横浜市にある大本山總持寺(だいほんざん そうじじ)です。これを両大本山といいます。

 

 両大本山は曹洞宗寺院の根本であり信仰の源であります。

 

 大本山の住職の正式な呼び方は貫首(かんしゅ)といい「禅師さま」とお呼びしております。

 大本山永平寺は1244年、道元禅師が45歳のとき、波多野義重(はたの よししげ)公の願いによって、越前(福井県)に大仏寺(だいぶつじ)を建立し、2年後に永平寺と改められたことに始まります。

 

 深山幽谷の地にたたずむ山門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)、法堂(はっとう)、僧堂(そうどう)、庫院(くいん)、浴室(よくしつ)、東司(とうす) の七堂伽藍(しちどうがらん)では、修行僧が道元禅師により定められた厳しい作法に従って禅の修行を営んでいます。200名を超える修行僧がいます。

 

 東京都港区に大本山永平寺別院長谷寺があります。副住職の真徳はこの僧堂で修行しました。

大本山總持寺

両大本山

大本山永平寺

 大本山總持寺は1321年,瑩山禅師が58歳のとき、能登(石川県)の諸嶽寺(もろおかでら)を定賢律師(じょうけんりっし)より譲られ、これを禅院に改めて諸嶽山(しょがくさん)總持寺と名づけたことに始まります。

 

 1898年に七堂伽藍を焼失し、1907年に能登から横浜市鶴見へ移りました。なお、旧地は總持寺祖院(そいん)として再建され、地域の信仰を集めて今日にいたっています.

總持寺にも、200名近くの修行僧が日々修行に励んでいます。